人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

京都市の感染症予防担当者のお話

本日、京都市の感染症予防担当者より「検疫をすり抜けした方への対処について」のお話を伺う事ができましたのでご報告します。

 

——–以下、担当者のお話———

新型インフルエンザ感染が確認された大阪の高校生2人と教員1人と同じ飛行機で入国された一部の方に検疫のすり抜けがあったのはご承知の通りです。

そのうち14人が京都に滞在されていることが分かりました。
12人はアメリカの大学生グループで、2人は京都市在住の方です。

14人全員に健康状態の聞き取りが完了し、多少の微熱の方がいましたがおおむね問題なしと判断しました。

ただ、そのうち4人は新型インフルエンザに感染していた高校生の近くの座席に座っていたこともあり、市内の病院で簡易検査をしていただきました。
結果は陰性。

その4名については、念のため市内ホテルでの停留をお願いし、全員の了解を得たところです。
その方々には、朝夕の体温測定や保健所職員の聞き取りなどの経過観察を10日間行う予定です。
感染の疑いを増やさないために全力を尽くしてまいります。

——以上、担当者のお話終り——————–

 

入国される方の中には、やはり京都へ立ち寄られる方も多いと推測されます。
担当の方のお話では感染拡大防止への意気込みが感じられましたが、私たちも自分でできることは行動に移したほうがいいと思います。
●小さい子供や高齢の方を、なるべく人込みへは連れて行かない。
●出かけた後はうがい、手洗いを必ず行う。

また情報が入りましたらご報告いたします。

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.