人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

6月の健康:お部屋と体のスッキリ大作戦

kenkou0906

毎日のそうじを運動に


■脂肪がスッキリ
床の拭きそうじや窓拭きをし過ぎて、筋肉痛になったことはありませんか? そうじは、スポーツと同じように全身の筋肉を使う運動です。毎日続けることで脂肪燃焼効果が期待できます。

■ハウスダストをスッキリ
不快なアレルギー症状の原因となるダニは、気温20~30℃、湿度60~85%で繁殖しやすく、夏は特に注意が必要です。ダニのエサとなるホコリやフケ、アカを、そうじで一掃しましょう。

■気分もスッキリ
体を動かすことは、ダイエットはもちろん、ストレス解消にも効果的。そうじなら、部屋が清潔になって気分も前向きになります。家族にも喜ばれ、一石何鳥もの効果が期待できます。

 

 

◇そうじタイム、無駄にしていませんか?◇

運動の必要性は感じていても、スポーツの習慣がない、エクササイズを始めてもなかなか続かない。家事や用事に追われ、ダイエットどころではない。そうした方にこそ、おすすめしたいのが、毎日の家事でのエクササイズです。そうじは腕や足腰を使う全身運動。さらに、少しの工夫を加えることで、脂肪燃焼効果を高めることができるのです。
運動のチャンスは、日常生活の中にたくさんあります。今日から、そうじで体を引き締めましょう。
 

エクササイズ(1) 肩こりもやわらぐ『窓拭きエクササイズ』


窓ガラスの高いところを、腕を大きく伸ばしてていねいに拭きましょう。肩や二の腕から、脇腹や太もも、お尻の引き締め運動になります。肩こりの解消も期待できます。エアコンや本棚の上などでもトライしましょう。
1.背筋を伸ばして、両足を肩幅より大きく開き、足裏全体で床を押すように構えます。
2.その姿勢のまま左エリアは右手で、右エリアは左手で、腕を変えて、左右両方で行います。上体をクロスさせる動きは、脇腹の引き締めに効果的です。

エクササイズ(2) 冷えやむくみ対策に『そうじ機ひざ揺らし』


そうじ機やモップでの床そうじは、下半身のエクササイズになります。ダンス感覚で、リズミカルに行いましょう。ひざへの負担が少ないので、ひざ痛のある方や、高齢者の方にもおすすめです。
1.両足をそろえ、背筋を伸ばして、お腹をへこませます。
2.そうじ機を持つ手の動きに合わせながら、腰を落とし、ひざを小刻みに揺らします。ひざ頭がつま先より前に出ないようにしましょう。手の届く範囲のそうじが終わったら、一歩前に出て同様の動きを行います。

●いつでもどこでもエクササイズ
洗濯ものを干すとき、歯みがきのとき、電話をしながら……。毎日、運動を積み重ねましょう。

エクササイズ(3) 脇腹の引き締めに『正座コロコロ』


いつの間にか溜まっているホコリや糸くず、髪の毛などの細かいごみ。そんな床を見たときこそ、上半身のエクササイズのチャンスです。脇腹の引き締めや肩こりの改善が期待できます。
1.コロコロ(モップでも可)を持ってカーペットに正座し、できるだけ体や腕を大きく伸ばして、コロコロを前後させます。
2.持つ手を変え、左右交互に行います。テレビを見ながら、電話しながらでもできます。

●脇腹に効く“ねじり”運動
お腹の肉が気になる場合は、オフィスでもキッチンでも、気づいたら上体をねじるくせをつけましょう。

エクササイズ(4) 足腰のトレーニングに『お風呂スクワット』


腰より下の場所を拭くときは、中腰になって下半身を引き締めましょう。ふくらはぎや太もも、お尻の引き締めに効果が期待できます。ややきつい運動なので、「今日は右側の壁」「明日は浴槽」など、無理せずに少しずつ行いましょう。
1.中腰の姿勢を保ちながら、壁や浴槽を拭きます。
2.右と左両方の腕を使います。窓や扉、車を拭くときにもやってみましょう。

●家事の30分=運動時間に
ここに出てくるエクササイズのエネルギー消費量のめやすは、1分間で約5kcalです。細切れでも、トータルで30分行えば、約150kcalになります。「運動を30分」ではなく「家事を30分」と頭を切りかえて、ぜひ毎日続けましょう。

エクササイズ(5) 全身の脂肪燃焼に『アヒル歩きの床そうじ』


少々きつい運動ですが、ダイエットに効果的なぞうきんがけ。肩や腕、お尻、太ももなどの引き締め効果が期待できます。ぞうきんがけは、そうじ機だけでは取れないアカやホコリをしっかり落とすことができ、ハウスダストの除去に効果的です。
1.左足を半歩前に出し、ひざを曲げてしゃがみ、右手でぞうきんを持ち、前後左右にできるだけ遠くに腕を伸ばして床を拭きます。
2.次に、あひる歩きで右足を前に出し、ぞうきんを左手に持ち変えて同様に行います。

●エアコンのダニ対策
ダニは湿度の高い場所が好きなので、エアコンのドライ運転などで部屋を除湿するとダニ予防になります。ただ、エアコンのフィルターには、ダニのエサとなるカビが繁殖しやすいので、定期的にそうじをしましょう。

 

◇日常生活で体を引き締めるポイント◇


■背筋を伸ばし、お腹をへこませる
座る、立つ、歩く……すべての動作において、姿勢を意識しましょう。姿勢を維持するためにもエネルギーを使うので、少しずつ脂肪を燃やせます。

■「しゃがんで立つ」動きを意識
物を拾うとき、下の方にある物を取るときは、背筋を伸ばした状態でひざを曲げ、ゆっくり2秒かけて立ち上がります。下半身全体を鍛えられます。

■空気椅子運動
椅子に座るとき、椅子から立つときは、お尻を少し浮かせた姿勢を2秒間キープする空気椅子運動を習慣にしましょう。太ももやお尻の引き締め効果が期待できます。

■階段こそチャンス
階段を上る行為は、普通歩行の約3.5倍のエネルギーを消費します。お尻の筋肉も使うため、ヒップアップの最良のチャンス。ぜひ利用しましょう。

◆清潔・安心 ナチュラルそうじ


「気づいたときに少しずつ」、そんな日常のそうじに、おすすめしたい「ナチュラルそうじ」。重曹や酢など、安全で環境にやさしい材料を使って、家中をピカピカにしませんか。

[重曹]……油汚れ、手アカ、湯アカを落とすときに
粒子がやわらかいので傷がつきにくく、下水に流しても環境を汚さない、万能クレンザー。薬局やホームセンターで入手できます。アルカリ性の重曹は、手アカや水アカ、生ごみの臭いや腐敗臭など酸性の汚れに効果を発揮。消臭やカビの予防にも役立ちます。
○鍋のこびりつきや、シンクの水アカ、お風呂の湯アカなどにふりかけ、スポンジや布などでこすります。
○蓋のない容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、臭いを取るのに役立ちます。

[酢]……石けんカスや、タバコのヤニ、臭い取りに
酢は酸性なので、石けんカスや水アカ、タバコのヤニ、生ごみの臭いなど、アルカリ性の汚れを中和して、落としやすくします。雑菌の繁殖を抑える作用もあります。少量の酢を水でうすめ、スプレーボトルに入れておくと便利です。(*クエン酸でも代用できます。)
○便器の汚れにスプレーしてしばらく置いておくと、落としやすくなります。
○電気ポットの内部の水アカや野菜のあくによる鍋の黒ずみにスプレーし、布などで拭き取ります。 ※鉄に使うと錆びてしまうので気をつけましょう。

◆重曹と酢を一緒に使うと効果的
・重曹を使ったそうじのあとは、酢のスプレーをかけて、から拭きしましょう。抗菌作用が期待できます。
・重曹をかけたところに酢のスプレーをかけると泡立ちます。この泡も汚れを落とすのに効果的です。

[炭酸水]……ガラス磨きに
窓や鏡を拭くのに最適。食品なので、小さなお子さまのいる家庭や、食器棚などにも安心して使えます。メガネもきれいになります。砂糖の入っていないものをスプレーボトルに入れて使うと便利です。
○ガラスや鏡などにスプレーして、から拭きします。

[エッセンシャルオイル]……殺菌や虫よけに
香りには、さまざまな作用があり、そうじにも大活躍。お部屋やトイレの消臭にも効果的。天然の香りで、そうじのあともリラックスできます。
○水や無水エタノールでうすめてルームスプレーに。
○ぞうきんを絞るバケツに2~3滴入れて、拭きそうじすれば床の虫よけになります。
<スッキリした香り>
・ペパーミント…除菌・消臭・虫よけ作用
・ティートリー…殺菌・消毒作用 
・ユーカリ…殺菌作用 
<花の香り>
・ラベンダー…殺菌・虫よけ作用 
<フレッシュな香り>
・オレンジ…殺菌作用

<参考文献>
『家事ながらダイエット』(長野茂監修/主婦の友社)
『[長野式]ながら運動ダイエット』(長野茂著/PHP研究所)
『体に安心 ナチュラルおそうじBOOK』(ガーデン編/成美堂出版)
『「重曹+酢」で徹底おそうじ』(重曹暮らし研究会著/双葉社)
『ナチュラル・クリーニング』(佐光紀子著/ブロンズ新社)

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.