人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -薬剤師のブログ-index

五月闇って言葉…(~_~;)

曇り空

いよいよ、今週から梅雨空も本番となってきましたね~。
そんな今日、お客さんとお話していたら「五月闇(さつきやみ)って言葉知ってる?」と聞かれました

もちろんsign01.gifsign01.gif
 

知りません…(^_^;)
 

 

 

素直に教えていただいたところ、五月闇(さつきやみ)とは“梅雨が降るころの昼や夜の暗さのこと”らしいです。

どんより…028.gif
暗い…gaga.gif
でも、どうして五月なの?って思っていたら、旧暦で5月は今の6月ですって289158.gif
ははぁ~、ナルホド♪

あと、「五月闇(さつきやみ)」は夏の季語らしく、俳句に使われるとおっしゃっていました。でもなんだか暗いイメージですよね…
闇って…(~_~;)

まあ、梅雨の頃は見上げる空はいつもどんよりと雨雲tenki04_kumori.gifに覆われているから仕方ないのかもしれませんが。
でも、それが季語なら暗いイメージを吹き飛ばせ~shine.gif
ということで…

ここで一句♪

 五月闇
 「いつか晴れるよ」
 ネコ笑う


この言葉の意味を教えてもらった後、外に出てみると駐車場に止めてあった車の下であくびをしていたネコと目が合ったときに思いついたものです
そだね、いつか晴れるわな animal0048.gif
調子に乗って~さらに一句!(笑)

 五月闇
 雲の上では
 いつもハレ


まあ、これもどんよりイメージをぶっとばせって感じですねshine.gif ど素人がこんなものを書いてもいいものか……まあいいやhappy01.gif
こんな時期だからこそ、面白しろおかしくすごしましょ♪
ではでは~~paper.gif

▲ページの先頭へ

コメント

まいど~まいど~(まいど1号も資金繰りが難しいとの寂しいニュースが・・)

五月闇、私も初めて知りました。
大変勉強になりました。ありがとうございます。
病は気からです。
気持ちだけではありませんが、気の持ちようで大きく
良い変化が現れるものです。
同じ時間を過ごすなら楽しく笑っていたいもん!

一句、
蛙泣く
梅雨のにほひに
五月闇

2009 年 6 月 24 日 22:21| かとぅーんまん

こんばんは☆
五月闇!初耳ですッ(≧∀≦)/

理由を知れば、なるほどですね☆
。。どんより暗い感じですが(^^;

んぅ~なかなかの句ですね~(^0^)(笑)さすがです♪
五月闇・・・
これだけ聞くと、闇がインパクトありありですが(、、)

二句とも、なんだか楽しくなっちゃう♪
魔法の言葉みたい☆
こんな時期だからこそ☆楽しく♪ですね~(#^^#)

。。私も一句・・・と考えてみたものの(涙)

ハイ。思いつかなかったんですぅ(ーー;(笑)
悔しい・・・(笑)

2009 年 6 月 24 日 22:26| ☆miracle

かとぅーんまんさん

まいど一号は衛星ですよね(笑)

五月闇の一句をすぐに考えるとはさすがです♪
梅雨のにおいで思い出しましたが、この前お店にこられた高校生が「梅雨のにおいがしてきましたよね~」って言ってました。
風流な高校生でした。将来有望です(^_^)v

2009 年 6 月 25 日 00:13| 栗原 明

☆miracleさん

こんばんは☆
だんだんと好き勝手にやり始めているでしょ?(笑)
まさか、川柳って…

そんな…お遊びですから考えなくてもいいです(^^ゞ
でも、またこっそり教えてください♪

2009 年 6 月 25 日 00:18| 栗原 明

AKIRAさん こんにちは~~!

なんだか、梅雨に入る前に 夏になっちゃったみたいですね。。

五月闇 私も、知りませんでした。。
季語って、陰暦に対応しているので
今の季節感とは ちょっとずれている場合もありますが
日本人の季節に対する 細やかな感覚 表現には
感心する事しきりです。。。

また 面白い言葉がありましたら 教えてくださいませ~~(o^―^o)ニコッ

2009 年 6 月 25 日 17:16| マリア

マリアさん

こんばんは~☆
本当に夏本番と思ってしまいますね(~_~;)
鹿児島の知り合いが「クマゼミが夏と間違えて鳴いてるよ」と言っていました。温暖化ですね。。。

マリアさんがおっしゃるように昔の日本人の季節に対する思いは見習う点が多くありますね。
年をとったせいか、今さらながら季節を感じて過ごすことが心地よく感じられるようになりました(^^♪
ただ…今年の梅雨はいただけません(笑)

ではでは、またコメントくださいね~。ニコッ!!

2009 年 6 月 25 日 20:27| 栗原 明

五月闇の本来の意味は、五月雨の降る時期の真っ暗な夜のことです。近世になると昼間の薄暗さという理解も現れますが、古代中世の五月闇を詠んだ古歌で、昼間の薄暗さを詠んだことが判明する歌は皆無です。俳句をたしなむ人の間では昼間の暗さと理解されていますが、本来は夜の暗さです。昼間の五月闇のであることをしめす文献を示すことができないのに、辞書や歳時記には昼間の暗さと解説されているのです。

2016 年 6 月 19 日 18:51| ミルク3

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURL : http://www.e-kusuriya.net/2009/06/24/satukiyami/trackback/

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.