人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

夏の体調管理について

夏風邪

ウイルスの多くは寒くて乾燥した環境を好むため、風邪やインフルエンザは冬に流行しますが、なかには暑くて湿度が高い夏の環境を好むウイルスもいます。夏に活動するウイルスは胃や腸、喉で繁殖するものが多く、お腹や喉に症状が出ることが多いのが夏風邪の特徴です。

◇対処
お腹をこわすことが多く食欲も落ちますが、炭水化物やタンパク質を中心に消化のよい食事を少量ずつでも摂るようにしましょう。また、脱水症状を起こさないように、こまめに水分補給しましょう。
無理に汗をかこうとするのではなく、適温に設定するなどクーラーを上手に利用して心地よい環境を保ちましょう。

クーラー病(冷房病)

クーラー病 クーラーの設定温度と外気の温度との大きな温度差によって自律神経が乱れ、夏バテや冷え症、胃腸の機能の不調などを生じることをクーラー病といいます。クーラーを上手に使うことがクーラー病を防ぐポイントです。

◇クーラーの上手な使い方
・クーラーの設定温度と外気の温度の差を5~6度にする。
・暑くて眠れない夜は、タイマーを利用したり設定温度を高めにするなど使い方を工夫する。
・ひざかけなどを使って、特に下半身の冷えすぎを防ぐ。
・デパートや公共の乗り物は冷房が効きすぎるので、羽織れるものを持って外出する。

夏の生活習慣を見直しましょう

熱中症、夏風邪、クーラー病などは体力の低下が一番の原因ともいえます。
夏は暑くてただでさえ体力が落ちてしまうものです。普段より体調管理に気をつけましょう。


  • 食欲の落ちる夏は特に食事に気をつけ、豊富な栄養を摂ることを心掛ける。
  • 体を冷やしすぎない。
  • クーラーを上手に利用する。
  • 睡眠を十分にとる。
  • ストレスを溜め込まない。
  • お風呂はシャワーで済ませるのではなく、なるべく湯船につかるようにする。

健康情報の目次へ

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.