人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

ハチミツで健康に!

ハチミツと健康


○疲労回復に効果
ハチミツの主成分であるブドウ糖と果糖は、体内に蓄えられることなく、すぐに体を動かすエネルギーとなるので疲労回復につながります。

○腸内環境を整える
ハチミツに含まれるグルコン酸とオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌を増やして悪玉菌を抑制させ、腸内環境を整える働きがあります。

○殺菌力
ハチミツには抗殺菌作用・消炎作用があり、口内炎の治療や喉の痛み止めとしても効果があります。

ハチミツと美容


○低カロリー
ハチミツは砂糖に比べてカロリーが低く、体内で蓄積されにくいため、ダイエット中に取る甘味料としておすすめです。(ハチミツ10g=約29kcal/砂糖10g=約38kcal)

○美肌効果
ハチミツの持つ保湿力は肌をしっとりとさせ、抗菌力はニキビや炎症を防ぐと言われています。
いつものケアにハチミツをプラスして美肌効果を試してみましょう。
・パックとして
洗顔後の水気を取った顔に直接ハチミツを薄く塗り、1~2分おいてからぬるま湯で洗い流します。
・リップクリームとして
唇に直接ハチミツを塗って、その上からラップをしてしばらくおいてから洗い流します。

k090803実践!ハチミツ習慣


様々な健康効果や美容効果のあるハチミツですが、毎日取るのは難しいもの。
ハチミツを手軽に取るための工夫を紹介します。

○砂糖の代わりに
ハチミツは甘さを感じる甘味度では砂糖の1.3倍もあるのに、砂糖よりも低カロリー。さらに風味やミネラルもプラスできるので、飲み物に料理に、砂糖の代わりとして使ってみましょう。

○ご飯を炊く時に
米二合に対して小さじ一杯のハチミツを加えて溶かし、30分ほど浸けてから炊飯します。米本来の甘さが引き立ち、ふっくらしたご飯に炊きあがります。

○夏はレモネード
ハチミツを使った代表的な飲み物といえばレモネード。ハチミツのブドウ糖とレモンのクエン酸で疲労回復効果があるので暑い夏にピッタリです。
【材料(4人分)】
レモン・・・小2個/ハチミツ・・・大さじ4~6/水・・・約800ml
分量はあくまで目安です。レモン果汁も甘味も好みの味に調節してください。
【作り方】
絞ったレモン果汁にハチミツと水を加えてよく混ぜます。氷を入れたコップに注ぎ、お好みでレモンの輪切りやミントの葉を入れてできあがり。
<ハチミツを食べるときの注意>
◆1歳未満の赤ちゃんには与えないでください
天然のハチミツは生もので、まれにボツリヌス菌の胞子が混入している場合があります。通常は腸内で殺菌されるため危険性はありませんが、腸が未発達の幼児には与えないようにしてください。
◆アレルギーに注意しましょう
ソバの花から採取されるハチミツなどもあるので、特定の植物にアレルギーのある場合は、採取した植物が表示されている商品を選びましょう。
◆ハチミツ100%のものを選びましょう
市販されているハチミツには、水飴などを入れて成分を調整しているものもありますので注意してください。


<参考文献>
『はちみつ大好き』(はちみつ専門店「ラベイユ」監修/マーブルトン発行/2006)

健康情報の目次へ

情報提供:クラスA ゲンキとキレイ


▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.