人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

今日からスタート、紫外線対策


知っていますか?紫外線の影響

少し前まで、こんがり焼けた肌は健康的といわれていましたが、健康に与える影響が大きいことがわかっています。肌が黒くなるのは、体が紫外線の影響による被害を防ごうとする防御反応なのです。

◎すぐに現れる急性症状
●日焼け…紫外線に当たった直後に肌が赤くなるサンバーンと、その後に肌が黒くなるサンタンがあります。
●光線過敏症(日光過敏症)…紫外線に当たることでかゆみや発疹が起こります。
●免疫低下…単純ヘルペスなどに感染しやすくなります。
◎肌の大敵「光老化」
●しみ・しわ…加齢の結果と思われがちですが、実は紫外線による「光老化」が大きく影響しています。紫外線ダメージの蓄積により、しみが現れたり、肌のハリが低下することがわかっています。
◎ダメージの蓄積が深刻な慢性症状に
●皮膚がん…日焼けを繰り返すことで、遺伝子に傷がつきやすくなるといわれます。
●目の病気…白目が充血する「紫外線角膜炎」のほか、中高年に多い目の病気で、ひどくなると視力低下が起こる「白内障」や「翼状片(よくじょうへん)」※も、紫外線との関係が指摘されています。
※翼状片(よくじょうへん)
白目の表面を覆っている半透明の膜「結膜」が、黒目に三角形状に入り込んでくる 病気。充血や異物感などの症状が起こります。


【デイリー編】日常の対策が必要な理由

●暑くなくても日焼けしている
太陽に当たって暑いと感じるのは赤外線の作用で、紫外線自体に熱はありません。暑さやまぶしさを感じない曇りの日や雨の日でも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めなどで毎日対策しましょう。
●目の日焼けはしみの原因!?
目に紫外線が当たると、白内障などのリスクが高まるだけではなく、脳からメラニン色素を作る指令が出て、皮膚の色素沈着が起こりやすくなるといわれます。帽子や日傘、サングラスで目を守りましょう。
○サングラスは、紫外線カット効果がはっきりと示されていて、レンズがある程度大きく、顔にフィットするものがよいでしょう。
●昼間の過ごし方がポイント
1日の紫外線量のうち、約60%は午前10時~午後2時の間に降り注ぐといわれているので、この時間帯は外出を避けるのも有効な方法です。外を歩くときは、日陰を選ぶようにするとよいでしょう。


【レジャー編】遊びに行く前に読んでおこう

●リゾートには危険がいっぱい
紫外線の量は、日本国内なら南に行くほど多くなります。また、山、高原など高度の高い場所も紫外線がたくさん降り注いでいます。日焼け止めや服装など二重・三重の対策をしましょう。
↓日焼け止めの選び方は、ページ下記『外に出るなら 日焼け止め』をご覧ください。
●肌の露出は控えめに
水着一枚での海水浴は昔の話。オゾン層の破壊により紫外線の量が増えていることも指摘されている今、直接肌を紫外線にさらさないように気をつけましょう。
○日焼け止めを塗るほか、洋服は襟や袖のついたもの、水着の上にはTシャツなどを着て、肌を守りましょう。
●全方位から肌をガード
紫外線は、地面から照り返すほか、空気中のちり・ほこりなどにも反射して、あらゆる角度から降り注いでいます。首や耳の後ろ、脚や腕の裏側などにも忘れずに日焼け止めを塗りましょう。


紫外線の季節を快適に

●ピークはもう始まっている
日焼け後に対策するよりも、紫外線を浴びないようにするほうが肌への影響が少ないとされています。今からしっかりと対策しましょう。
・紫外線(UV-B)量が1年の中で多くなるのは5月~9月です。
●太陽の下でいきいきと
紫外線は健康に影響を及ぼしますが、もともと、太陽の光は人間にとって必要なもの。朝の光を浴びると体内のリズムが整えられるといわれます。また、適度な日光浴によって、骨や歯の発育に欠かせないビタミンD が体内で作られます。浴び過ぎを避け、日焼け対策をして、上手に太陽と親しみましょう。


外に出るなら 日焼け止め

●紫外線ダメージから肌を守ろう
日焼け止めは紫外線対策の基本です。自分に合った品を用意しておきましょう。何を買えばよいかわからない、肌が弱くて心配という場合は、薬剤師にご相談ください。
○数字で選ぶ
紫外線防止効果を表す「SPF」の数値が高く、「PA」の+が多いほど、日焼け止めの効果が高くなります。場所や目的によって使い分けましょう。
・SPF(Sun Protection Factor)
紫外線のうち、皮膚の表面に到達して皮膚の色を黒くしたりしみの原因となるUV-Bを防ぐ効果を示す値。1〜50の数値、50以上は50+で表します。
・PA(Protection grade of UV-A)
皮膚の深部まで到達してたるみなどの「光老化」を引き起こすUV-Aを防ぐ効果を示す値。+~+++の3段階で表します。
○成分、処方で選ぶ
・デリケートな肌に ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)
紫外線を防止する成分のうち、まれにかぶれの原因となる「紫外線吸収剤」を配合せず、アレルギーを起こしにくいとされる「紫外線散乱剤」のみを使用した日焼け止めがあります。肌の敏感な方や、小さなお子さまにおすすめです。
・海やプールで ウオータープルーフ
水に強い処方なので、運動で汗をかくときや、海・プールに行く日に適しています。洗うときに通常の石けんでは落ちないものもあるので、注意書きを読み、専用クレンジングで落とすなどの指示に従いましょう。

●唇・手・髪も忘れずに
忘れがちな唇、手もダメージが蓄積されやすい部分です。リップクリームは紫外線防止効果のあるものを選び、手にも日焼け止めを塗りましょう。髪の日焼けも脱色、パサつきの原因となりますので、帽子や紫外線カット効果のあるヘアスプレーなどを利用しましょう。


日焼けしてしまったら… アフターケア

●赤くなったら冷やしてケア
肌が赤くひりひりするほど日焼けをしてしまったときは、炎症を抑えるために、すぐに冷水でしぼったタオルなどで冷やしましょう。それでも症状が治まらないときや、皮膚が腫れあがるなどの症状が起きた場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

●疲れたときは眠ってケア
1日中太陽の下にいると、全身が疲れたように感じます。これは紫外線によって全身の抵抗力が低下するため。特に急に強い日差しに当たった場合など、単純ヘルペスに感染しやすくなります。ゆっくり休んで抵抗力の回復につとめましょう。

●野菜を食べて中からケア
紫外線は体内に老化の原因となる「活性酸素」を発生させます。その活性酸素の働きを抑えるのが、食品に含まれる「抗酸化物質」です。緑黄色野菜や、大豆などに多く含まれているので不足しないように取りましょう。肌の老化予防やストレス対策が期待できます。
○色の濃い野菜は抗酸化物質が豊富
トマト・ピーマン・にんじん・ブロッコリー・ほうれんそう・パセリ
○抗酸化物質はこんな食品にも含まれます
玄米・米ぬか・大豆製品・かんきつ類・たまねぎ・緑茶・ココア・そば


日焼け前の 美白豆知識

●美白化粧品はいつから使う?
しみの予防・対策には、美白化粧品がよいといわれています。美白化粧品は、即効性を求めず、ある程度気長に使うのがコツ。また、目に見えるしみ以外の、まだ表面に現れていないしみにも働きかけるので、夏に限らず、年間を通して使うと効果的です。

●選ぶときのポイントは?
美白成分は、しみのもとであるメラニン色素の生成を抑えるものです。この成分がきちんと配合されているか、確かめてから買いましょう。肌の敏感な方は、美白成分が刺激になることもあります。サンプルなどで試してから使うか、専門の販売員に相談するなどして選びましょう。
・美白成分とは?
医薬部外品の美白化粧品は、厚生労働省により、美白に有効な成分として認められたものを、一定の基準量含んでいます。代表的な美白成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、ハイドロキノンなどです。このほか、メーカーが独自開発した成分などもあります。効果を感じる成分は人によって異なるので、どの成分がよいと一概に言うことはできません。自分の肌に合ったものを見つけましょう。

●しみと思っていたらアザだった?
ずっと美白化粧品を使っていても、なかなか消えないしみがある場合、それはアザや肝斑といった、別の症状かもしれません。アザや肝斑としみとでは対処法が違いますが、見た目だけでは判別しにくいものです。皮膚科専門医に相談することをおすすめします。

●顔と体、美白しにくいのはどちら?
手の甲、肩などもしみの気になる部分。しかし、体は顔よりもターンオーバー※が長いため、美白の効果を感じるのに顔より長い時間がかかるといわれます。しみを予防するには何よりも紫外線を防止すること。体にも日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。
※ターンオーバー
皮膚の生まれ変わりのこと。浅い傷が治ったり、日焼けした肌が戻るのは、ターンオーバーの作用によります。

◆こんなところにも紫外線
庭に出しておいた洗濯バサミにひびが入った、これも紫外線の作用です。紫外線は熱ではなくエネルギーによって、プラスチックやゴムの性質を変化させる不思議な光。この作用は、金属やプラスチックなどインキが乾きにくい素材への印刷や、自動車や電化製品のコーティング、電子部品の接着など、さまざまな場面で応用されています。

<取材協力>
シロノクリニック横浜 院長 三宅真紀先生
<参考文献>
『紫外線環境保健マニュアル2008』(環境省) http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_manual.html
気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/
『素肌美人になるためのスキンケア基本事典』(吉木伸子著/池田書店)
『栄養を知る事典』(工藤秀機、蒲池桂子監修/日本文芸社)
ウシオ電機株式会社ホームページ「光のものがたり」http://www.ushio.co.jp/jp/ir/private/light_story/index.html

健康情報の目次へ

情報提供:クラスA ゲンキとキレイ

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.