人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

きのこは体のごちそう

いろいろ役立つ きのこの魅力を再発見

■腸にも骨にも。全身に役立つ
○βグルカン
きのこの栄養素で注目されているのは、βグルカンという多糖類。免疫細胞の働きを活発にするので、免疫機能を高め、病気を防ぐといわれています。
○不溶性食物繊維
独特の食感を作っているのは、水を吸うと膨らむ「不溶性食物繊維」。食べると腸の中でかさを増し、腸の働きを活発にするほか、腸内の余分な脂肪を取りこみ排泄を促すという作用があります。
○ビタミンB・D
肌や爪、髪を作るために欠かせないビタミンB2、脂質や糖質の代謝を助けるビタミンB1も含まれています。干ししいたけや乾燥きくらげには、カルシウムの吸収を促し骨の形成を助けるビタミンDも豊富です。

■ダイエットや減塩に役立つ
きのこは色々な栄養素を含みながら、海藻などと同じようにカロリーが低い食材です。かみごたえがあるので満足感を得やすく、ダイエットに最適。また、うまみがあるので薄味の調理にも合い、減塩に役立ちます。
 
 

きのこ健康ミニ図鑑

●しいたけ『身近な健康食材』
抗菌・抗ウイルス作用、免疫細胞の活性化作用などもあるとされ、抗がん剤として認可されているレンチナンという成分が含まれています。不足すると皮膚炎や貧血になるといわれるビタミンB6も豊富です。

●きくらげ『コリコリの中に食物繊維』
きのこ類の中でも特に食物繊維が豊富。また、コレステロールを下げるとされる成分も含まれています。鉄分やカルシウムも多く、漢方ではリウマチ性の疼痛や産後の衰弱などの治療に用いられています。

●まいたけ『抗がん作用に注目』
まいたけに含まれるMDフラクションという成分に、がん予防効果の報告があります。また、血圧降下作用、血糖抑制作用の研究報告も。ビタミンB類とナイアシンの相乗効果で、肌荒れや口内炎の予防にも役立ちます。

●しめじ『うまみも、栄養素も豊富』
お店に出回っているしめじの種類は「ぶなしめじ」。がん予防や動脈硬化予防、口内炎・疲れ目予防に役立つといわれる栄養素、βグルカンやテルペン、ビタミンB2などが含まれています。

●なめこ『ぬめりが血管をきれいに』
独特のぬめりは、ペクチンという、水溶性の食物繊維。ペクチンには血糖値の上昇をおだやかにする、腸内のコレステロールを吸着するなどの働きがあり、動脈硬化の予防に役立ちます。

●えのきたけ『食べ物とお酒の代謝をサポート』
ビタミンB1やナイアシン、食物繊維が豊富。ナイアシンは、脂質や糖質、たんぱく質、アルコールの代謝に必要な栄養素。水に溶けやすいので、煮物や汁物で摂取するとよいでしょう。

●まつたけ『いい香りは体にも効果』
秋の味覚の代表格ともいえるまつたけ。食欲をそそる香りには、消化酵素の分泌を促す作用があるとされています。ビタミンB1やナイアシンも多く含まれ、代謝を助けます。

●エリンギ『腸と肝臓に役立つ』
食物繊維が腸内の脂肪をからめとり、肝臓での脂肪吸着を抑制するといわれています。肝障害の予防や、ダイエットに。加熱しても栄養価が失われにくいという特徴もあります。
 
 

もっときのこを活用しませんか?

きのこがおいしい季節になりました。きのこに上のような栄養、健康効果が期待できることをご存じでしたか? きのこは、外食が多い、単品メニューが多いなど偏った食事を続けていると、なかなか取れない食材です。旬の今こそ、きのこの魅力を見直し、食生活に取り入 れましょう。

 

◇余ったきのこは乾燥保存がおすすめ

きのこを保存するなら、干しきのこにするという方法も。甘みが増し、また違ったおいしさが楽しめます。日光に当てることで、ビタミンDが増える点も見逃せません。ビタミンD は、カルシウムの吸収を助け、丈夫な骨を作るために役立つ栄養素です。

>>NEXT:『きのこを加えて、秋の健康メニュー』はゲンキレシピコーナーへ
 
 

きのこを知って、もっと楽しむ


■きのこは何でできている?

きのこは、「菌糸」と「胞子」でできた生物。地面や枯れ木の中に、根のように 「菌糸」を広げています。地上に現れる、いわゆるきのこの形のものは「子実体」といって、繁殖するための「胞子」を作る器官。胞子は気流に乗って広がって、別の場所で発芽し、菌糸を広げます。

■きのこ採りに行くときは…

きのこ採りは秋の野山の楽しみのひとつ。山に行くときには、山歩き用の靴と服装をして、防寒用の上着や雨具を持ち、水分補給ができるよう飲み物なども持っていきましょう。
・加熱して、適量を
きのこは古くなると雑菌が繁殖します。新鮮なものを採り、早めに食べましょう。また、新鮮なきのこでも、生で食べると食中毒を起こすことがあります。一度にたくさん食べるのも消化不良の原因となりますので、気をつけましょう。
・こんな迷信にご注意ください
毒きのこは毒々しい色をしているとは限りません。柄が縦に裂けるきのこは食べられる、煮る・塩漬けにすれば食べられる、味がおいしければ食べられる、虫が食べているものは食べられる、触って大丈夫なら食べられるなど、すべて迷信ですから注意しましょう。

■くすりとしてのきのこ

きのこに含まれる成分は、中国などで昔から薬用として重宝されてきました。現代では、きのこの成分から抗がん剤が開発されるなど、薬効が広く研究され、応用されています。
・きのこから治療へ
しいたけから抽出した成分は、抗がん作用のほかに、アレルギー症状の改善、抗ウイルス作用などがあると報告されています。また、しいたけが地面や木に張りめぐらす「菌糸体」の抽出物には、肝機能を修復する作用が期待されています。
・きのこから健康食品に
薬用に使われるきのこでは、「霊芝(れいし)」が有名です。日本名はマンネンタケといい、含まれている成分に血圧降下の作用があるとされ、高血圧の改善、脂質異常症の改善などに使われているという報告があります。煎じて飲むほか、健康食品でも多く用いられています。

 
<健康食品を買うときは>
お薬を飲んでいる場合、サプリメントなどの健康食品がお薬の効き目に影響を与えることもあります。サプリメントなどをご利用中の場合や、新たに購入するときは、薬剤師にお知らせください。

 
<参考文献>
(書籍)
『2006-2007改訂新版 健康・栄養食品事典』(奥田拓道監修/東洋医学舎)
『きのこレシピ』(難波宏彰・宗像伸子著/グラフ社)
『スゴイ! きのこレシピ』(レタスクラブMOOK/角川SSコミュニケーションズ)
『おいしいきのこ 毒きのこ』(大作晃一・吹春俊光著/主婦の友社)
(Webサイト)
きのこ—健康とのかかわりを科学する』(日本特用林産振興会)

健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.