人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

ヨーグルトって体にいいの?

「ヨーグルトは体にいいらしい…」、こんな漠然とした考えでヨーグルトを食べている方が多いのではないでしょうか。
ヨーグルトにはどのような効果があるのかを知り、おいしく食べて、健康的に過ごしましょう。
 

ヨーグルトの働きと効果

人間の腸には「腸内細菌」と呼ばれる、約100種類100兆個もの細菌が存在し、それぞれ体にプラスとなる「善玉菌」とマイナスになる「悪玉菌」があります。
細菌の総量はほぼ決まっていて、一般に、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増加します。このため、腸内での善玉菌、悪玉菌の力関係は、健康のためにとても重要になります。
 

腸と腸内細菌

【善玉菌】腸内を酸性にして外部から侵入した有害な菌を殺したり、免疫をつけたりする。
代表的な種類:ビフィズス菌、アシドフィルス菌 など

【悪玉菌】タンパク質や脂肪を分解し、老化の原因となる腐敗物質を作り出す。腸内をアルカリ性にし、免疫力を低下させる。
代表的な種類:大腸菌、ウエルシュ菌 など
 
 

ヨーグルトの栄養素

ヨーグルトは三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)をはじめ、カルシウムなど様々な栄養成分を含んでいます。さらに、乳糖や腸内細菌のバランスを整えるのに有効な乳酸菌(ブルガリア菌やサーモフィラス菌など)も含まれています。

【乳糖】乳製品に含まれている糖で、腸まで届いてビフィズス菌のエサとなります。

【乳酸菌】ヨーグルトに入っている乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内腐敗を防いだり、腸管を刺激して腸のぜん動運動を活発にします。
 
 

健康的なヨーグルトの食べ方

◆毎日食べると効果的!
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスは、日々の食生活によって変化しています。悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖をつねに助けるには、毎日食べることをおすすめします。

◆1日100gから始めてみましょう!
毎日続けてとるために、1日100g程度から初めて少しずつ増やし、無理なく続けてとりましょう。

◆自分のからだにあうものを選んでみましょう。
ヨーグルトにもプレーンタイプ、フローズンタイプ、食物繊維を添加したタイプなど色々な種類があります。お腹の調子がよくなる場合はあっています。自分の体調や好みにあったものを選びましょう。
 
 

様々な種類の乳酸菌たち

ビフィズス菌やアシドフィルス菌以外にも様々な種類の乳酸菌があり、ヨーグルトやお菓子にも含まれています。最近話題の乳酸菌の働きをご紹介します。

◇L.G菌:胃粘膜のピロリ菌を殺す働き

◇LS1乳酸菌:歯周病の原因菌を殺す働き

◇KW乳酸菌:花粉症などアレルギー症状を改善させる働き
 
 

ヨーグルトと免疫

免疫の調節をつかさどる細胞にヘルパーT細胞があり、異なる役割を持つTh1とTh2に分けられます。通常、Th1細胞とTh2細胞は相互にバラン スを保ち免疫応答をコントロールしていますが、アレルギー状態ではTh2が過剰な状態にあり、このバランスの偏りがアレルギーを引き起こす原因のひとつと いわれています。
乳酸菌の仲間には、乳酸菌KW3110株などTh1細胞の働きを強めてTh2に偏ったTh1/Th2バランスを整えるものがいることが、最近の研究で明らかになってきています。

アレルギー抑制効果と関係があると報告されている乳酸菌。上手に活用し、元気な体をつくりましょう。
 
 
 
健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.