人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

冬場に注意 『低温やけど』

寒さが身にしみるこの季節には手放せない暖房器具や暖房グッズですが、私達を暖めてくれる反面、思わぬ危険も潜んでいます。

「低温やけど」とは?


温かいと感じられる程度の温度でも、熱源を長時間皮膚に接触させていると、やけどが起こることがあります。そのようなやけどを「低温やけど」といいます。
熱源が長く皮膚に押し付けられることで、その部分の血流が悪くなり、熱がこもってしまうのが原因です。

<やけどがおこる温度と時間の関係>
低温やけどの発生には、熱源の温度と、熱源に接する時間が関係しています。

人間の皮膚に最も近い豚を用いた実験で、44℃という熱めのお風呂ぐらいの温度でも、6時間連続で接していると、低温やけどが起こることがわかりました。更に、51℃までの範囲では温度が1度上がるごとに、やけどが起こる時間は約半分に短縮しました。 
 

症状は一見軽く見えますが・・・

「低温やけど」は、やけどの範囲が狭く、皮膚も赤くなる程度なので「軽いやけど」と思われがちです。また、水疱が出来にくく、痛みをほとんど感じないのも特徴です。
しかし実際は、障害が皮膚の深いところまで達していて重症の場合が多く、患部が1cmより大きい場合は手術をすることもあります。

◆原因となる主な暖房器具・グッズは?
電気あんか、湯たんぽ、電気毛布、電気カーペット
電気ごたつ、ファンヒーター、使い捨てカイロ  など

◆起こしやすい部位は?
足は知覚が鈍く血行が悪いため、低温やけどが起こりやすい部位です。特に、かかと・くるぶし・すねなどの皮下脂肪が少なく皮膚のすぐ下に骨のあるような部位は注意が必要です。

◆起こりやすい人は?
暖房器具をよく使う冷え性の人や高齢者に多く見うけられます。介護が必要なお年寄りや乳幼児、糖尿病や脳卒中で感覚が低下している人、深い眠りになりがちな泥酔状態や過労の人も注意が必要です。 
 

低温やけどを防ぐには・・・

・電気毛布や電気カーペット、電気ごたつ等の暖房器具は・・・低温に設定する!
・電気ごたつや電気カーペットは・・・つけたまま寝入らない!⇒タイマーを上手く使う
・電気あんか、湯たんぽ、使い捨てカイロは・・・タオルやカバー等を利用して、直接肌に触れないように工夫する!

※低温やけどの疑いがある場合は、流水で冷やす等の応急処置を行い、なるべく早く皮膚科等を受診しましょう。


 
 
 

健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.