人々に喜ばれ必要とされる地域一番薬局を目指すクリハラ薬局 -健康情報-

体をいたわる入浴法


冬のお風呂はとても気持ちがいいですね。
と、同時に、お風呂上がりに肌がかさつくと思う方も多いのではないでしょうか。
それでは、さっそく入浴方法を見直してみましょう。


●お湯はぬるめで

熱いお湯に入ると、肌のしっとり感を守る皮脂を取り過ぎてしまうため、入浴後にかさつきを感じやすくなります。また、血圧を上昇させたり、心臓に負担をかけることもあります。38~40℃くらいのぬるめの温度をおすすめします。



●長くつからない

お湯に長くつかると全身の血行がよくなるため、かゆみが出ることがあります。10分程度にとどめましょう。



●保湿系の入浴剤を使う

温熱効果のある入浴剤は血行をよくするため、かゆみを感じることがあります。入浴剤は、保湿成分の入ったものがよいでしょう。保湿剤を塗りにくく乾燥しがちな部位も保湿することができます。



●ごしごしこすらない

体を洗うときに、ナイロンタオルなどでこすっていませんか。こすることで肌の角質などがはがれ、肌のバリア機能(外部の刺激から肌を守る機能)が低下します。手のひらややわらかいタオルでやさしく洗いましょう。



体に負担をかけない入浴法






●外気とお湯の温度差に注意

部屋や脱衣場など肌寒い場所から、熱いお湯へ…こうした温度差は血圧を急変動させ、ときには心筋梗塞や脳出血といった重篤な症状を招くことがありま す。脱衣場などはあらかじめ暖めておき、お湯の温度はなるべく40℃未満に設定しましょう。浴室に入ったらいきなり湯につからず、かけ湯をしてお湯の温度 に体を慣らします。高齢者はお湯の熱さをあまり感じない場合もあるので特に注意が必要です。



●入浴のタイミングもチェック

入浴は汗をかくので水分が失われがちです。入浴の前後には、コップ1杯の水を飲みましょう。このほか、朝の入浴や飲酒前後の入浴も血圧を変動させ、 事故につながりやすいといわれています。家族と同居している場合は、入浴するときに声をかけるようにしましょう。浴室での転倒にも十分ご注意ください。



●子どもが風邪をひいたときは

最近の多くの医師の指導では、高熱のとき以外であれば、湯冷めしないよう脱衣場を暖かくし、体温よりやや低めのぬるま湯で入浴させるとよいとされています。体がさっぱりすると、深く眠れるようになり疲労回復を早めることが期待できます。お子さまが入浴を嫌がるときは、無理に入浴させる必要はありません。ぬるま湯をひたしたタオルやスポンジで体をふくとよいでしょう。


健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.