クリハラ薬局 -よくある質問-

薬局の上手な利用法とは?

「薬局は単にお薬を出すところ」と思っていませんか。
薬局が行っていること、あるいはできることは、実はそれだけではありません。
薬局はいわば“地域の健康ステーション”。
もっと上手に利用して、お薬の安心・安全な使用に役立てませんか。

 


飲み合わせやお薬の重複をチェック

外科で処方された止血剤がまったく効かないと思っていたら、内科で出された血液凝固抑制剤を一緒に飲んでいた。整形外科で処方されたひざの痛み止めと内科で処方された喉の痛みを和らげるお薬に同じ成分が含まれていて、作用が強く出すぎた──このように、病気の治療のために使ったお薬どうしが、互いに影響し合って相互作用を起こしたり、お薬が重複すると思わぬ症状が現れることがあります。
こうした危険を避けるために、複数のお薬を使っている場合は、ぜひその情報を薬剤師に伝えてください。薬剤師が相互作用の危険はないか、重複していないかをチェックします。なお、相互作用は、お薬とお薬だけでなく、お薬と食べ物・飲み物、お薬とサプリメント、処方薬(医師が処方するお薬)と市販薬(薬局などで買うお薬)などでも起こることがあります。サプリメントや市販薬を使うときも問題はないか、薬剤師に確認しましょう。
 
 

「おくすり手帳」をもっと活用しましょう

医療機関で新しいお薬が処方されるとき、医師や薬剤師から「これまでにお薬でアレルギーが出たことがありますか?」などと問われます。出たことがある場合、それがいつ、どんなお薬を、どのくらいの量飲んで、どんな症状だったのか、正確に答えるのは難しいものです。そのときに重宝するのが、「おくすり手帳」です。
おくすり手帳には、ご自分の生年月日や連絡先などの基本情報をはじめ、受診歴や既往歴、アレルギーの有無やお薬の服用歴、調剤日・薬剤名・用法・用量などを書く欄がコンパクトにまとめられています。お薬を処方されるたびに記入していけば、お薬に関する情報が蓄積されることになります。
おくすり手帳は、薬局で希望すれば作ってもらえます。薬局に行く際におくすり手帳を持参し、薬剤師にご提示ください。相互作用や重複投与(お薬が重複すること)などの防止、副作用の早期発見に役立ちます。
そして、おくすり手帳は、病院や薬局ごとに分けずに1冊にまとめることをおすすめします。それにより、過去から現在まで服用してきたお薬の内容、経過がご自身だけでなく、病院や薬局にとっても分かりやすくなり、より良い治療が受けられます。
 
 

「かかりつけ薬局」で気軽にお薬相談

「お薬が大きすぎて飲みにくい」「飲み忘れてしまうのだけどいい方法はないかしら」「粉薬は苦手」など、ささいなことでも結構です。当店でご相談ください。皆さまに安全なお薬を安心して服用していただけるようアドバイスいたします。 

[処方せんの有効期限にご注意ください]
処方せんは、交付された日を含めて4日以内(土日祝含む)に薬局にお持ちください。有効期限が過ぎた場合は、原則、処方せんの再発行が必要になります。



健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

血圧が高めです。注意することは?

 
 
高血圧は放置しておくと脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険があります。早めに対処することが大切です。

 
danger.gif日常生活におけるポイント 

食べ過ぎ予防と減塩を心がけましょう

まず生活習慣を見直してみましょう。肉や揚げ物など脂肪の多い食べ物をたくさん摂っていませんか。毎食、満腹になるほど食べていませんか。これらは 血圧を高める原因になります。脂肪分は控えめにし、腹八分に抑えましょう。もう1つ、食事で心がけたいのが減塩です。現在日本人の1日の平均食塩摂取量は 約11g。目標は1日6g未満※とされています。まずは2g減を目指しましょう。
運動も血圧を下げるだけでなく、肥満の解消にも有効です。おすすめはいつでも手軽にできるウォーキングです。ただし、心臓の悪い方や足腰の弱い方などは必ず事前に医師に相談しましょう。
※「日本高血圧学会」ホームページより
 
 

家庭で毎日、朝晩2回、血圧を測りましょう

血圧は1日の中でも常に変動します。また医療機関の診察室で測ると緊張して血圧が上がったり、夜間や早朝だけ上がったりすることがあります。しか し、高血圧は症状が現れないため、血圧が上がっているかどうかを知るには血圧を測るしかありません。そこでぜひ実行していただきたいのが1日朝晩2回の家 庭血圧の測定です。
実際、家庭血圧を測るようになって、自分が高血圧であることに気づき受診するようになった、という方も少なくありません。年齢とともに血圧は高くなりますから、中高年の方は健康管理の1つとして、家庭で血圧を測ることをおすすめします。

家庭血圧が、収縮期血圧(上の血圧)135mmHg以上、または拡張期血圧(下の血圧)85mmHg以上の場合は高血圧が疑われるので、必ず受診しましょう。その際、家庭血圧値の記録を持参するとよいでしょう。
 
 

寒暖の差を少なくしましょう

暖かいところから急に寒いところにいくと血管が収縮して血圧が急上昇します。特にこの時期は注意が必要です。トイレや浴室、脱衣所なども暖かくしておきましょう。
また、熱いお湯での入浴も血圧を急激に上げる原因になります。40℃前後の少しぬるめのお湯に、15分程度入るのが目安です。
 
 
 
健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

トクホってどういう意味?



「体に脂肪がつきにくい」などと具体的な健康効果をうたう食品をよく見かけます。通称「トクホ」と呼ばれる特定保健用食品です。このトクホ、いったいどんなものなのでしょうか。


有効性と安全性が認められた食品

健康食品のうち、一定の条件を満たした食品を「保健機能食品」と表示することを国が認める制度があります。その制度では、食品は一般食品(“いわゆ る健康食品”も含む)と保健機能食品とに分けられます。保健機能食品は健康を保つことを目的に作られ、科学的な根拠に基づいて、国が定めた条件を満たす食 品です。
トクホは保健機能食品に含まれ、製品ごとに臨床試験が行われ、有効性と安全性の審査を受け、国が認めた“食品”です。トクホに認可される と、人が背伸びをしているマークとともに、含まれる関与成分によって「お腹の調子を整える」「コレステロールが高めの方に」など保健の効果を表示すること ができます。2011年7月28日現在、955品目がトクホに認められています。


健康の維持・向上のための利用が適しています

トクホは医薬品ではなく、あくまでも食品です。したがって、病気を治療するためのものではありません。では、どういった人が利用するとよいのでしょ うか。例えば、「高血圧症とまではいえないけれど血圧がちょっと高めで気になっている」「健康診断で血糖値がやや高めと指摘された」といった健康と病気の 中間にいる“半健康”的な人や、普段の食生活に不安を感じている人が健康の維持・向上のために利用するのに適しています。

摂取する量ですが、多く 体内に摂り入れたからといって効果が増すわけではありません。逆に、例えばお腹の調子を整える食品を一度にたくさん摂り過ぎるとお腹がゆるくなるなど、望 まない作用が起きることがあります。利用する際には製品に記載されている注意事項などを読み、摂取量や摂取方法を守りましょう。


お薬を処方されている方は医師や薬剤師に相談を

お薬の中には食べ物との相性が悪いものがあるように、トクホの関与成分がお薬の効果に影響を与えるものがあります。病気治療中でお薬を処方されてい る人は、トクホを利用する前に医師や薬剤師にご相談ください。また、どういうトクホを利用するのが適しているかなど、わからないことがある方も遠慮なく薬 剤師におたずねください。
食生活の基本は日ごろの食事にあることはいうまでもありません。三食規則正しく、かつ栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。そのうえで、正しくトクホを利用することで、一定の効果が期待できます。


健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

胃腸薬を正しく選ぶには?

食べ過ぎや飲み過ぎで、胃腸の不快な症状に見舞われることがあります。そんなときに役に立つのが胃腸薬。市販の胃腸薬は種類が多いので、上手な選び方を知っておきましょう。 
 

症状によって適した胃腸薬が異なります

胃の調子がよくないという場合、その原因は大きく2つに分けられます。1つは、胃の働きが過剰になって胃酸が多く分泌されている場合で、胃痛や胸や け、むかつきなどの症状が現れます。このときは、胃酸の分泌を抑えるお薬が適しています。このタイプのお薬には、胃酸を中和する制酸剤、粘膜保護剤、胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーなどがあります。もう1つは、胃の働きが弱って消化不良を起こす場合です。症状としては、胃がもたれたり、胸がつかえるよう な感じになります。これらの症状には、胃の働きを高め、胃酸の分泌を促す消化剤や健胃剤・胃腸機能調整剤、整腸剤などを用います。

このように同じ胃腸薬でも、胃の働きを助けるタイプのお薬と胃酸の分泌を抑えるタイプのお薬では、作用は逆です。例えば胃酸過多が原因のときに消化剤を飲むと、胃酸の分泌がますます進み、症状は悪化してしまう可能性があります。このようなことを避けるためには、自分の症状に合った胃腸薬を選ぶことが大切です。 
 

症状などをできるだけ詳しく伝えましょう

胃腸の具合の悪さは、発熱のように体温などの数字で示すことができません。しかも、胃がもたれる、胸やけがするという表現も漠然としています。薬 局・薬店で胃腸薬を買い求める際には、胃がキリキリと痛む、げっぷが出る、お腹の右上が痛むというように、できるだけ具体的に症状を伝えるとよいでしょ う。症状が起こるのは食後なのか空腹時なのか、症状が始まったのはいつごろかなどの情報も重要です。
 
 

ほかのお薬を飲んでいる方は必ず相談を

治療中の病気や服用中のお薬があるときや、アレルギーの有無なども忘れずに伝えましょう。お薬を服用する前には説明書を必ず読み、使用上の注意を守 るようにしてください。特にH2ブロッカーはもともと医療用のお薬だったため、一般の市販薬よりも効果が高い分、副作用や相互作用に、より注意が必要で す。
市販薬を服用しても症状が改善しなかったり、悪化がみられたり、症状はよくなるけれど再発を繰り返すといった場合には医療機関を受診して、胃腸の不調の原因を調べてもらいましょう。
 
 
 
 
健康情報の目次へ

38薬剤師のブログへ→「ニコニコ日記」

▲ページの先頭へ

Copyright © 2001-2008 クリハラ薬局, All rights reserved.